”ジャズ”とは

19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカ南部の都市を中心に発展した音楽形式。アフリカ系アメリカ人の音楽形式と西洋音楽の技術と理論が融合して生まれた。演奏の中にブルー・ノート、シンコペーション、スウィング、バラード、コール・アンド・レスポンス(掛け合い演奏)、インプロヴィゼーション、ポリリズムなどの要素を組み込むことが特徴的とされている。 その自由な表現形式は黒人音楽家のみならず白人音楽家にも注目され、技法や理論など急速に発展した。


20世紀半ばには人種の枠を越えた音楽のジャンルとして認識され、現代音楽理論をも内包する高度な体系をつくりあげた。その結果、人種、国籍や狭義のジャンルを越えた音楽芸術の現代的様式の一つとなり、様々な方向性に発展を見せる現代の音楽の源流を形作った存在であると考えられている(Wikipediaより引用


今月の豆知識

ルイ・アームストロングは何故、”サッチモ”と呼ばれたのか。


諸説あるが、「サッチェルマウス」(がま口)・「Such a mouth!」(なんて口だろう)というところから来たという説がある。


ルイ・アームストロング

ジャンル別

楽器別

番組

映像

Jazzと酒

お問い合わせ

リンク

※ 関連サイトの相互リンク大歓迎。

こちらよりお願いします。


今月の一枚

solo monk

http://www.add-site.com/
inserted by FC2 system